26才の浪費家夫がお金について真剣に考え続けるブログ

衝動買いの激しい男が、株式/投信等への投資や家計管理をしながら良い生き方を探る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

どのくらい出費してるのか調べてみた。 

お金を貯める、というか増やすには、
①収入を増やす
②支出を減らす

という大別すると2つの方法があります。

浪費家というのはそもそもどんぶり勘定であることが多いので、収入は固定額なのである程度把握しているものの、支出は自分が『何に』『どのくらい』お金を使っているのかわからないものです。

2016年度は資産を150千円/月=1,800千円/年増加させたいと思っているのですが、
まずは現状どのような収支なのか確認したいと思います。
僕は一応Moneyforwardでお金の出入りを管理しているので、今回2015年1年間の収支リストを出してみました。

2015年間収支
年間収支マイナスかぁ・・・
ヤバイね。(´・ω・`)
破産まっしぐらだな!
我ながら毎月150千円資産増やす!wwとかよく言えるもんだ。


収入を見ると、まずMoneyforwardに登録できていない口座からの振替で収入が増減してるし・・・
途中から嫁の収入が追加されてるとかもある。
交通費とか毎月定期券を買っているわけでもないのに、かなり出費しているし・・・
内訳を個別にみると結婚に合わせて家借りたりとか、結婚式諸費用とかあるけど・・・
まさかここまで悪いとは・・・。
浪費家って名乗っておいて大した浪費してないんじゃない?とか思ってた自分を殴りたい(つω`*)

浪費の原因をまとめると、
<VC要素>
①ついついSuicaで買い物してしまっている(統制可
②食費が多い(統制可
③趣味・娯楽が高い(統制可
<FC要素>
①保険料がやや高い(統制不可
②家賃額がやや高い(統制不可
<その他要素>
①嫁の口座は現金勘定で処理されるため、出費の管理ができない(統制不可
②おこづかい制を採用していない(統制可


で、上記をもとに貯蓄目標の達成と出費スケジュールを把握するために、
少し出費を引き締めた収支カレンダーを作成してみました。
これを作成することで、自分が『いつ』『何を』『どのくらい』出費するのか確かめることができるはず・・・。
収支カレンダー


作成している時点で気づいたのですが、残念ながら引き締めを行った現時点で目標未達(▲16千円)の状態です。2016年2月以降は賞与を除いて臨時収入もなくなりますので、これが安定したCFだとすると、年間目標が達成できなくなる可能性が高いため、以下の統制を行います。


不要サービスの解約    ⇒低利用頻度のTimes Car Plusを解約、1千円捻出(即時)
携帯電話料金の一本化   ⇒妻の携帯電話を一本化、3千円捻出(2016年3月)
食費出費割合の低減    ⇒外食割合を低減させることで、10千円捻出(KPIに追加)
食費出費割合の低減    ⇒朝ごはんを必ず家で摂取し、2千円捻出(KPIに追加)
食費出費割合の低減    ⇒職場内での間食を禁止し、1千円捻出(KPIに追加)
合計           ⇒17千円の削減

これでも目標に対する余裕率がほぼ0ですので、冠婚葬祭にかかる費用や想定外出費が発生した際には、かなり厳しい状況だといえます。統制に限界があるとすれば収入を増やすことを検討する必要があります。また、賞与などの要因を加味し、年間単位でこのカレンダーの動向を確かめる必要があります。
※そういえば定期券購入費を加味していませんでした。予算設定にやや難があるのかもしれませんが、今回はこのまま走りたいと思います。


支出を減らすことにも限界がありますので、収入を増やすことを検討します。
収入を増やすことについては、以下を考えます。

1.8月の給与改定でプラスになるように検討する
2.妻の賞与についてを精確に加味する
3.投資その他の方法で収益を上げる
4.副業あるいは複業して収入を増やす

この中では、1.の自身の給与査定をどうプラスにするかが、努力で変えられる一番大きなポイントであると判断します。僕自身の給与は年俸制ですので、成果に応じてある程度は反映される部分もあるだろうと考えております。8月から予算に比して月間10%のプラスを作れるように成果を出すことを狙います。

2.妻の賞与については、妻が2016年1月から正社員になったことばかりであり、支給実績がないために不確実性があります。賞与が何か月計算なのか現時点では不明ですので、概算のみにとどめようと思います。また、正社員登用後、仕事に対する負荷が大きいと思うので、まずは家事の協力を徹底することで妻にかかる負担を減らしたいと思います。また、仕事が辛く続けられないのであれば、僕自身は無理に続ける必要もない=僕自身の収入のみで暮らせないことはないと考えているので、まずは妻がどうしたいのかを一番大切にしていきたいと思います。その時には予算の組み直しを検討します。

3.投資その他の方法で収益を上げるについては投資のタネが小さいことから、現実的ではないと判断しています。また、大きく収益を上げようとするとリスク資産の割合を増やすこととなり、年始から続いているこのような不安定な市場動向では、良い施策であると判断できません。また、自身の投資に対する知識量が足りず、割安株の選定について巧者でないことから、短期で収益を上げることを追いかけすぎず、長期的な目線を持って投資を行うことを考えております。

4.副業あるいは複業して収入を増やすについては、現時点では考えておりません。そもそも就業規則上の問題に加え、確定申告がやや面倒そうなことなど、今注力すべき点ではないかな、と考えております。本業でいかに成果を出せるかに集中し、副収入は少なくとも2016年度中は獲得を狙わない方針で行きます。


というわけで結論としては当たり前ですが、収入を増やし、支出を抑えるということを如何に意識できるか?ということになるかと思います。
妻に比して浪費癖のある自分次第かな、と思う部分が大きいのでKPIに設定してスコアとして管理していきながら頑張ります。


気が向いたらクリックしてやってください。
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村



関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。