26才の浪費家夫がお金について真剣に考え続けるブログ

衝動買いの激しい男が、株式/投信等への投資や家計管理をしながら良い生き方を探る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント』を読みました。 

読書バナー
この投稿を作るために、読書カテゴリから過去の記事を探っていたわけですが、
前の記事が5月1日付で1か月以上も本を読んでいなかったとは・・・。
浅学なのに勉強しないのはダメですね!

引越をして始発駅からスタートできるようになったおかげで、大分本を読めるようになりました。
少なくとも行きは20分でも本を集中して読めるようになったのがデカいですヽ( ´_`)丿

さて早速本題に入っていきますが、投資を考えるうえで今回の本は本当に素晴らしい。
投資初心者は必ず手に取ることをおすすめします。

2005年当時とはいえ、まず日本国民が置かれた政治面を主としたマクロ的環境をわかりやすく解説したうえ、
どうして"投資"が必要なのかを具体的に説明してくれるわけですが、 あまりにもわかりやすい。
今後の投資ポリシーを作るうえで絶対に抑えなければならない良書です。



章構成としては、

第1章 リバタリアンが進める「格差」社会(確実に拡大しつつある「格差」日本は、有数の「不平等社会」? ほか)
第2章 「金融格差時代」の新・資産運用(金融「格差」の実態セカンド・ライフの「理想」と「現実」 ほか)
第3章 あなたの年金を運用する「国営・投資ファンド」(2年半で11兆円稼いだ「年金資金運用基金」あなたの年金はこう運用されている ほか)
第4章 “負けない”資産運用―あなたを豊かにする7つの智恵(リテラシー)(第1の智恵・「トレーディング(短期売買)」から「インベストメント(長期投資)」へ第2の智恵・運用をプロに任せると損をする?―「アルファ戦略」と「ベータ戦略」 ほか)
第5章 「負けない社会」を目指して(「“負けない”運用」の前提としての「負けない社会」経済学で考える「負けない社会」の作り方 ほか)
出所:Amazon

という流れで説明に入っており、トップダウンアプローチでどうして投資が必要なのかを解説しています。

この本の要旨をざっくりといえば、
日本は今後格差容認社会がさらに進み、そのうえ世代間格差も進んでいく。若手は年金などをはじめ再配分がこれまでと同様には機能せず、社会保障だけでは生きられない時代になる。だから"負けない投資"によって老後に対する備えが必要」というような内容が述べられており、それをジニ係数などを使って明らかにしてくれています。

そしてそのようなお金が足りない時代での対策として、プロと肩を並べて勝負するデイトレード(≠アクティブ投資=アルファ投資)ではなく、GPIFなどが行っているアセットアロケーションに対する分散積み立て投資(=インデックス投資=ベータ投資)を行うことが、我々のような庶民ができる"投資"の最適解だということを示してくれています。

僕自身はアルファ+ベータのハイブリット投資家と呼べるポジションで今後もこのポジションを改めることはありませんが、
インデックス投資も行いつつアセットアロケーションって本当に意味があるのだろうか?
モダン・ポートフォリオ理論との違いは何か?という疑問をずっともっていたのですが、
この本を読んだことで疑問の大多数は解決されました。

もちろんモダン・ポートフォリオやCAPMなどをはじめとした理論は一度きちんと精査しなければならないのでしょうけど、
この本で定義しているインベストメント=ベータ投資のみによるならば、正直細かく理解している必要もないのではないかと思います。細かなところを理解したところで、市場および個別銘柄の値動きを完璧に知る方法なぞ無いですし、複利に基づく長期投資の効果が良くわかるでしょう。

いやー、実に良い本でした.゚+.(・∀・)゚+.

気が向いたらクリックしてやってください。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へFC2Blog Ranking
関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。