26才の浪費家夫がお金について真剣に考え続けるブログ

衝動買いの激しい男が、株式/投信等への投資や家計管理をしながら良い生き方を探る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図解入門最新バランス・スコアカードがよ~くわかる本[第2版]』を読んでみた。 

読書バナー
資産運用でも、趣味でもなんでもよいのですが、
否応なしに目標設定をして目標管理させられるのが、
現在の絶対評価中心社会での生き方(´・_・`)なのかなー、
と思います。

では、自分の理想やビジョン達成のため、
どういう風に目標を立て、目標管理をしていけばよいのか、
その示唆を与えるのがバランス・スコアカードです。

今回は一つの本を通してバランス・スコアカードって何ぞや?
っていうのを見ていきたいと思います。

バランス・スコアカードとは、ビジョンと戦略をアクションに落とし込み、
総戦力で成長力と競争力を付け、未来を切り拓く、戦略志向のナビゲーション経営システムとされています。

もっとも重要なところは、戦略を立てたのちどう行動するかを策定することです。
言い換えれば、P/Lベースの絶対額指標を如何に定量化できる活動に転換するか、ということです。

たとえば家計で収支予算を組んだとき、
如何に食費を減らすかということを考えるとします。

この場合、統制が簡単なため、
単純に絶対額のみを考慮してもよいのですが、
食費のうち月に1万円を外食費から削減する場合、
1回あたりの外食支出平均額が5,000円だとすると、
行動ベースでは月あたり2回外食をやめれば達成できることになります。
何度も書きますが損益を行動に転換し、定量化指標に置き換えることが重要です。

この時、
削減対象額となる1万円はKGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)
外食行動をやめることがCSF(Critical Success Factor:重要成功要因)、
外食回数はKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)となります。
KGIは最終的なビジョン達成のための各項目の定量的な到達目標を設定し、
CSFはKGIを達成するために重要な課題が何に当たるかを設定し、
KPIはKGI達成のために、CSFの課題の解消状況を定量化指標とし、経過管理をするもの

というようになっています。
ここでもう1つ重要なのは過去に蓄積された損益その他のデータを抽出しておくことです。
過去データがないと、戦略目標が立てづらくなってしまいます。

家計簿データをCSVで吸い出すなどしておき、
これまでの実態がどうであったのか、簡便的に分析を行うことが望ましいからです。
外食費を削ろうと考えても、これまで1度も外食費を計上していないのに、
何を削れるのか?ということですねー。

もう1つ例を考えてみると、
お金の場合は1年間で如何にお金を増やすか、
ということを考えた際、収入増を図ることも節制を図ることもあるかと思います。
たとえば収入増を考え、年間で100万円収入を増やそうと思ったら何をしますか?
投資するもよし、働くもよし、助成金なんかも活用できるかもしれませんね。
そのうち何を重点にしますか?そしてそれは年/月/週/日あたりどのように管理しますか?
と、より深く行動をブレークダウンし、やるべきことに具体性を持たせていきます。
人によって何を、どこまで指標として設定するかは大きく異なっているので、
個々人の目的に合わせた使い方が重要です。

行動が具体的になることで対策を打つことができるとともに、
変化に敏感になることができます。



さて、ここまでざっくり紹介したのですが、
今回紹介する本ははっきり言ってダメな本です(T_T)
なぜだめなのかというと論理がぐちゃぐちゃ(笑)
SWOT分析の撤退すべき部分のクロス分析結果を、
気合で乗り越えさせようとする体育会系っぷりです(//>ω<)

しかも同じ意味の単語が章ごとに違う単語に置き換えられていて、
かなり混乱させられますし、この本を読んだだけでバランス・スコアカードを即実行できる方は、
もはや最初から持っているものが違ったんだな、と誇っていいでしょう。

とはいえ、バランス・スコアカードの運営実態は、
大概企業秘密になっているため、日本国内では書籍/論文等で参考物を深堀するのはやや困難です。
最初の一歩を踏み出したいなら、パラ読みしてみるのも良いのかな?とも思います。
戦略的な予算統制に、バランス・スコアカードの考え方を用いてみましょう。



気が向いたらクリックしてやってください。
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。