26才の浪費家夫がお金について真剣に考え続けるブログ

衝動買いの激しい男が、株式/投信等への投資や家計管理をしながら良い生き方を探る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

働くことの分散を考える。 

お金が多額に入ったら、
今やっている仕事をやめますか?続けますか?
というのは良くありがちな議論かな、と思います。

僕の場合は正直今の仕事を続けるかは微妙なところで、前にもちらっと書いたのですが、
①働く『目的』が不明確
②『成果と報酬』が結びついていない
③『労働環境』に不満がある
のうち、特に①の働く目的を半分くらい見失っている状態です。
なので、この面だけを見ると、僕は仕事をやめてしまうかもしれませんね。

ではなぜすぐにやめたり転職活動したりしないのか、
というと目的が不明確である限り、同じことを繰り返し続けると思っているからです。
現にこの微妙な状況を2年間味わい続けております(つω-`。)

じゃあどうしたら今の状況を変えられるのかなと考え、
表題にある通り働く、というより活動を分散してみようと思い立ったのです。

そもそもなぜ会社を通して働くのか、
そのメリットを考えると、
①団結したほうが、社会にとってより高い付加価値を与えられる
②得意/不得意なことを見極め最適な人材配置がされる
③社会的な信用を得やすく、ローンなどを組む際に有利
④基本的に安定した収入を得られる

というようなメリットが得られるかと思います。

一方で、デメリットはないのかというと、
①場合によっては1日の1/3以上が会社に拘束されてほかの活動に使えない
②自分の苦手な人材と共に仕事をしなければならない
③日本の場合総合職採用のため、やりたくない仕事にアサインされる
④副業禁止規定などの存在から、副業できない

というようなデメリットがあります。

また、日本はまだまだ転職がしやすい環境とは言いづらく、
一度やめてしまうと元の水準に戻すのが難しいこともありますねー。

しかしここで考えなければならないのは
お金を1つの資産に拘束させないようにするのと同様に、
働くということを1つの方法に拘束させて良いのか?ということです。

1社で働くことしか考えないというのは、会社に人生を預けているようなもので、
倒産などの想定外事象があった場合、
スキル/人脈などの欠如から次のステップを踏み出すことが難しいのではないかと思います。

- - -
ではどうするべきなのでしょうか?
僕は投資や資格取得以外にも対策の1つとして、
パラレルキャリア化するのがよいと考えています。
パラレルキャリアとは、一つの組織に属して同じ仕事を続けるだけでなく、
社会的活動を積極的に行い、「別の世界」を手に入れることとあります。
・・・この説明はちょっと中二チックな説明ですね(゚△゚;ノ)ノ
参照:内閣府男女共同参画局『コラム「パラレルキャリア」のすすめ

キャリアといっても、何も必ずしも収入を伴う必要はありません。
場合によっては、将来の収入獲得方法の変化を狙った種まきだと思えばよいのです。

パラレルキャリアを選択することで得られるメリットはいくつかあります。
①主業務以外で自分の経験したことのない業務/活動経験ができる
②これまで交流したことのない人々とのネットワークができる
③自分の好きなことを仕事として取り込めないか、模索できる
④他分野の人と交流することで情報感度が高まる


僕は特に③、④を重視しています。
たとえば好きなことを仕事にしていきたいと考えたとすると、
いきなり仕事はやめられないうえ、
好きなことで生きていけるのかわからないということもあると思います。
また今好きなことがなくても、他分野人材とのコミュニケーションを通して、
今の仕事以外の経験から新たな価値観を得ることができるからです。

ちなみに僕はサラリーマン以外に、
一般社団法人、特定NPO法人、2つの任意団体で活動しています。
・・・冷静に考えるとこれ完全に意識高い系の活動っぽいな((´・ω・`;))

上記はほぼすべて無収入なうえ、
場合によって寄付しているので収支は赤字です。
もはや妻に怒られないのが奇跡だ!(;゜0゜)
とはいえ、そこまでしても自分の大事にしている価値観は何かを探ることは、
生きがいを獲得するうえで大いにあると思っています。
僕は去年から少しずつではありますが、
パラレルキャリア化することによって働きながら生きる喜びを回復させつつあります。

文明の利器が比較的安価に手に入り、
長く生きられるようになった社会では、
自分の人生を長期的にどれだけ幸せに導けるかが大事かな、
と思うのでまずはいろいろとチャレンジしてみるのが良いかもしれません。



気が向いたらクリックしてやってください。
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。