26才の浪費家夫がお金について真剣に考え続けるブログ

衝動買いの激しい男が、株式/投信等への投資や家計管理をしながら良い生き方を探る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【お金の超初心者講座】第1回:自分の資産を『見える化』する 

お金の超初心者講座
【お金の超初心者講座】
本連載では、僕自身が資産管理/投資初心者であるため、
当初困ったこと、知っておいたほうが良いだろうな、ということを現時点でまとめたものです。
これから資産管理を考え始める超初心者の方向けのコンテンツになっています。
なお、僕自身もまだまだ初心者であるため、
記事については適宜加筆、修正する可能性がありますことをご了承ください。
<基礎編>
第1回:自分の資産を『見える化』する←今回はここ
第2回:家計状況を『家計簿』で把握/改善する
第3回:生涯に必要なお金を『ライフプラン』を立てて把握する
第4回:お金の『調達方法』を知る
第5回:『運用計画/基準』をつくる

<実践編>
第6回:初めての投資、何からすればよいのか?
第7回:不確実性とリスクの違いを理解する
第8回:株式/投信/債券/先物/不動産/為替・・・何を選ぶ?
第9回:資産分散と資産配分
第10回:利益/損失が出たときに対する心構え


結婚や出産、一人暮らしなど、個々人の資産管理の動機は多様にあるかと思います。
しかしながら、どのような経路をたどるとしても、
大体の人はお金の管理に関する基礎知識が欠如しているため、個々人が手さぐりで行っているのが現状です。
それゆえ、自分のお金の使い方をきちんと行えずに、破産してしまうケースも見られます。

たとえば資産状況を把握できていなければ、
緊急の事故などの即時性が求められる事象に対応でき無い可能性もありますし、
家を買うとなった際にはどれだけ自分が資金をねん出できるのかわかりません。

お金は将来に対する備えであるとともに、自分の生活を豊かにすることのできるツールです。
お金に対して無知であることは、人生設計を歪めかねず、
自分だけでなく、自分の家族など関係者に対しても大きな影響を及ぼします。

そこでお金の超初心者講座第1回目では、
自分が持っているはずの資産を『見える化し、資産管理の基礎づくりを行っていきます。

【第1回】自分の資産を『見える化』する
資産管理を始めるうえでは資産を見える化することが大事です。
なぜならば現状保有している資産額によって、
資産管理方針が大きく変わる可能性が高い
からです。
また、資産額がわからなければ、
資金不足ゆえ、自身のやりたいこと/必要なことを実現することもできないかもしれません。

資産管理の見える化効果を例を使って説明します。
たとえば26歳で手取収入が毎月25万円のAさん、Bさんの2人がいるとします。
Aさんは預金が1万円、Bさんは預金が1,000万円あります。

このとき、まずAさんは1万円という年齢比でみてもあまりに少ない預金に目を向けなければなりません。
緊急事態があった時のお金はどう工面するのか?
資金繰り(お金の調達方法)を考える必要がありますし、そもそも支出の内訳を見直したいところです。
Aさんは自分の身に何かが降りかかってきたときのため、
まずは現預金を貯め、生活防衛資金※を形成する必要があるでしょう。

一方Bさんは、Aさんに比べてかなり余裕のある預金を持っています。
Bさんの場合は預金に余裕がありますので、預金の一部を投資に充てることを考えてもよいでしょう。
なぜ投資に充てるのかというと、自分が働いている時間と同じ時間に、
お金を働かせる(=投資する)ことで、収入を得ることができるからです。
どんな人間でも唯一共通なのは時間数であり、
配分を変えることができても増やすことはできません。
投資はお金を働かせるものになるため、限られた時間を有効活用することができるのです。

生活防衛資金とは、投資を始める前に貯めておくべき資金のことで、いままでの生活水準を落とさずに約2年間暮らして行けるだけの資金のことです。


上の例は非常に簡単な例ではありますが、
資産額によって、これから資産管理していく内容は大きく異なってしまうことがわかると思います。

では、そもそも自分が持っている資産って何があるのか?ということになるかと思いますが、
大まかには下図のとおりです。
資産とは
まずは左側の資産から見ていきます。
①~③は現預金という、即時性のある資産です。
 生活上もっとも使う項目で、生活に必要な最低限度の金額を保有しておく必要があります。
④、⑤は期間に縛りのある資産です。現預金に変えるためには一定期間必要であり、
 生活防衛資金には含まれません。
⑥、⑦は不動産です。売却した時点で現預金になりますが、売却するまでに時間がかかるうえ、
 売却に際し別途費用が必要です。このほかにも、自動車なども不動産に含まれます。
⑧~⑪は金融資産/商品です。④~⑦に比べると換金性は高いものになっています。
 基本的には証券口座内にあります。詳述は省きます。
は保有しているその他の資産です。金・銀などの鉱物のほか、有価であれば美術品等も含まれます。

一方、資産の反対の右側には負債があります。
負債は基本的には長期間にわたって返済していくものがほとんどです。
注意点はクレジットカードになります。
ポイントの貯蓄などのために、クレジットカードは複数枚使用している人も多く、
管理が分散しやすいため可能であればまとめていくことが望ましいでしょう。

では金額はどうやったらわかるのかということですが、
ここに載せているようなものは、下図のような方法で調べられます。
資産調査方法
僕はこの調査はできる限りインターネットのみで行うべきだと思います。
もちろんインターネット以外にも調査する方法は上述のとおりいくつもあるのですが、
保険をはじめとして情報にアクセスする前に営業担当者と接触を持たねばならず、
商品を売りつけられるまたは押し買いに遭う可能性もありますから、
基本的にはインターネットをフル活用していくのが良いでしょう。
さらに、インターネットの場合でも情報登録が必要である場合は、避けていくのが良いです。

また、預貯金/クレジットカード/金融商品などを含めて、
今後少なくとも年に1回、多い方では毎日資産確認をすることになります。
僕個人としてはMoneyforwardkakeibonなどのインターネット家計簿の利用をおすすめします。
インターネット家計簿では預貯金/クレジットカード/金融商品のほとんどを一元管理できるほか、
第2回目に予定している家計簿のお話でも詳述しますが、
仕訳を自動化してくれるため、非常に便利です。
データもCSV排出できる場合があるので、移行する場合も楽です。

これらのツールには確かにセキュリティ上の不安はあるのですが、
インターネット口座の取引実行にはワンタイムパスワードが必要なこと、
端末認証の導入などによってセキュリティレベルを高めることが可能であるため、
僕はすべてまとめるようにしています。

さて、参考例として僕自身の2016年2月末時点の資産を『見える化』した結果は下記の通りでした。
201602asset.jpg
僕はメットライフ生命と契約しているのですが、
この時点ではインターネットの利用登録が遅れており内訳が判明しませんでした。
その上、保険金額については結局インターネットサービスでわからず、最終的に担当者に問い合わせしました。
保険金額は仕組み上わかりづらく、ブラックボックス化させている方も多いと思いますが、
無駄金を払っている可能性が高いので、保険金額の支払いが多いのならば、
町の保険屋をいくつか周り相見積を取得してみて、
判断の参考にするのが良いでしょう。

さて、僕自身の見える化結果をレビューしていきます。
まず大事なことですが、資産-負債が大きく正の値に振れました。
※この中では負債はクレジットカードのみです。

僕の場合は大体家計支出が月26万程度ですので、無リスク資産(現預金)のみを支払いに充てた場合、
経常支払ベースでおよそ11か月耐えれる計算です。
そのため、基本的には現預金が急激に減る事象を回避できれば、
大きな問題は起こらないと判断できます。
また、現在の日本の医療制度の利用(高額療養費制度)および僕の保険加入状況から、
比較的ありがちな緊急のけが・病気にかかる費用は回避できるようにしています。

それでも僕の場合は生活防衛資金として、
できれば現金で最高500万円ほど持ちたいと思っているので、
この調査結果を見るとかなりの不足額です。
今回は我が家は僕と妻のダブルインカムということもあり、
妻に現金を積み立ててもらうようにしました。

また、調査の過程で確定拠出年金の運用商品名を入れておき、
後でどのくらいのコストがかかっているのか追調査しました。
結果、極端に高い費用を支払っているファンドがいくつかありましたので、
コストパフォーマンスの低いファンドは預け替えを実施し、
DCダイワ外国株式インデックス一本に集中させることにしました。

そのほかにもポイントだったり、500円玉貯金だったり、
婚約指輪などの換金性のある資産も保有しているのですが、
この表を作成した時点でやや余裕があったので、考慮から外すこととしました。

ここでは上記のように簡単な改善策も書いているのですが、
あくまでここでは自分あるいは自分たちはどのくらいの資産を持っているのか?
という把握に留めておきましょう


資産状況の改善策については、基本的に第2回に行う家計簿の講座とセットになってきますので、
家計の経常収支を把握してから取り組んでみましょう。

それではまた次回の講座にて。



気が向いたらクリックしてやってください。
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へFC2Blog Ranking



関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。