26才の浪費家夫がお金について真剣に考え続けるブログ

衝動買いの激しい男が、株式/投信等への投資や家計管理をしながら良い生き方を探る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大好きなことをやって生きよう!』を読みました。 

読書バナー
4/28に久々に恩人にお会いしてきたのですが、
僕には一生無縁と思っていたクラブなるものに連れて行っていただきました。
それにしても『GINZA』は怖いですね
まさか2時間ちょっといただけで2人で13万円もかかるとは・・・(°_°)
その日は別の食事代も含めてタクシー代以外全て奢っていただきましたので、
僕の分だけで8万円くらいかかってしまったと思います。
会社経費で落としたところは見たのですが、
会社としては僕みたいな人間との会食に経費で処理されたらたまったものではないでしょうね(;゜0゜)

非血縁者から奢っていただいた金額では間違いなく最高記録で、
しばらくというか場合によっては一生抜かれないと思います・・・

話を変えますとこの恩人に限らず、
ありがたいことに起業/独立しないのかと発破を掛けていただく機会をいただくことがあります。
とはいえ起業は手段であって目的ではないので、何をするかを明確にしなければなりません。
このとき自分を見つめなおす1手段として手に取ったのがこの本でした。
大好きなことをやって生きよう! 【ポケット版】
本田 健
フォレスト出版 (2016-02-06)
売り上げランキング: 173,743


この本は自分の生き方/価値観に関するルーツをたどるところから始まり、
徐々に自分の好きなことは何かを探っていくありがちな本なのですが、
序説の入り方はなかなか良いです。
なぜ好きなことをやるべきなのか?
それがやれていない理由として今の自分の生き方が誰に影響されたのか?
好きなことがやれていない理由を掘っていくというものです。

内容としては著者独自の考え方に偏っており、
理論背景は見えませんが序説はうなずきながら読み進めれる部分が多い印象でした。

一方で第3章の大好きなことはどうやって見つけられるのか?
という章に入ってからは理由が弱く理解に苦しむ場面も多いです。
おそらくは著者が早期から独立心を持ち、
好きなことを見つける過程で多くは悩まなかったからではないかと考えております。

何度もこういった本を買っている僕からすると耳が痛い話ですが、
この手の本で解決するのは一時的な気分の向上だけであり、
自分が具体的にしっかりと行動を起こさなければ次のステップには進めないので、
頭の片隅にとどめておく程度が良いですね。

僕も次のステップを見定めなきゃな。


気が向いたらクリックしてやってください。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へFC2Blog Ranking
関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。